気になるお尻にきびの改善に大切なことは?

体の目立たない部分であるお尻ですが、お尻にきびは一度出来てしまうとなかなか改善しないにきびです。

お尻にきびができる原因の大きな原因としてはお尻のムレがあります。

お尻というのは一日下着や服に包まれていて通気性が悪いためムレやすくなっています。

デスクワークだったり車にずっと乗り続けていると季節問わずお尻に汗をかいてしまいます。

その時綿素材など通気性の良い下着や服ならまだいいのですが、女性のおしゃれな下着は通気性の悪い下着がほとんどです。

この蒸れた状態と汗により、皮脂が過剰に分泌してにきびの原因になります。

皮脂の分泌は勿論ニキビの原因になりますが、同時にお尻に摩擦刺激が起きることも原因になります。

体にフィットした下着や服を身に付けることで常にお尻には摩擦刺激がかかってしまいます。

また出来てしまったニキビが気になって入浴時に擦りすぎることも原因となります。

この摩擦が繰り返されることで皮脂は分泌しているのに常に水分が不足した状態になっています。

水分と油分のバランスが崩れているのが、お尻にきびの原因になっているのです。

ですのでお尻にきびが気になる時にはまずは入浴後など一番水分が不足している時にしっかり保湿をしてあげること、通気性の良い下着や衣類を選ぶことが大切になってきます。

お尻にきびには通気性の良い下着を使用する

にきびが出来てしまい、中々治らない状態が続いている場合お風呂で使う石けんを除菌効果の高いものに変えてみるのも良い対策となります。

基本的には、にきびが出来てしまうのは毛穴に皮脂の脂等が詰まってしまい、様々な菌類が増殖してしまうことが要因です。

これを回避するためには清潔な環境を作る必要があります。

すでににきびの状態になっている場合は、乾燥しすぎた環境が影響していたり、逆に汗の汚れがずっとついている蒸れた状態が影響している可能性などがあります。

この時保湿クリームを使った方が良いのか、もしくは乾燥させるための通気性の良い衣類に着替えた方が良いのか等、状況に応じて最適な対策が必要になります。

特にお尻にきびが来た時には、お尻をカバーしている下着などの通気性を気にするのです。

良い素材の下着に着替えることによって清潔感を維持する事ができるし、常に汗や脂などの汚れを取り除く事が可能になります。

基本的には、常に清潔な環境を維持する必要があるので、通気性の良い下着を何枚も所持して定期的に取り替えることによって、お尻にきびを悪化させずに落ち着かせて完治させる事が可能になるはずです。

まずはお尻にきびの要因となっている部分を絞り込んでいく事が必要となります。

投稿日:

ピンポイントで行いたいお尻にきび対策

顔にできるにきびもお尻にできるにきびも、基本的には同じものです。

毛穴に雑菌が入り炎症を起きることで発生し、放置が続くと膿んだり腫れたりと悪化していきます。

にきびがあることで肌の質が落ちるので、決してにきび自体が高い感染力を持っているわけではないのですが、一つできたら二つ三つと近くに新しいにきびが発生しやすくなります。

お尻ににきびができてしまった時には、それがお尻の一帯に及ばないうちに、ピンポイントで治療を行うのがおすすめされます。

にきびが広がってしまうと、お尻を支点に座ったりするときに強い不快感が生じ、あちらを避ければこちらが潰れるといった具合に、悪化の一途を辿ることになるので注意してください。

顔にできるにきびのように見てすぐにそこにあるとわからないので、薬もにきびに置いていくという塗り方をするのが難しくなるのですが、お風呂上りにでも鏡を見ながら位置を把握して、にきびの部分に消炎用のクリームが当たるようにして対応しましょう。

見えないからと適当に広げて塗りこめてしまうと、効果が弱くなりますし、薬の消費も早くなっていいことがありません。

薬を塗った後に乾いた柔らかいガーゼを被せておくなどすると、清潔感が保たれて治療がスムーズに進みます。

お尻にきびを保湿クリームで治しました

スキンケアに使っている保湿クリームを使ってみたところニキビがおさまってくれて助かりました。

私が悩まされていたニキビはお尻にきびです。

30代になってニキビに悩まされるとは思ってもいませんでしたが、それもよりにもよってお尻にきびだったので自分でも嫌になってしまいました。

私がお尻にきびに気づいたのは職場で椅子に座ったときでした。

OLとして働いているのですが、いつものように自然に椅子に腰をかけたところお尻の右側に痛みが走ったのです。

高校生の頃にもお尻にきびに悩まされたことがあり、同じような痛みも経験したことがあったので嫌な予感がしました。

その日の夜にお風呂場にある鏡でお尻を見てみたところ、大きなニキビがお尻にできていたのを確認しました。

少し膿んでいるようなので潰してしまおうかとも考えましたが、潰して痕が残ると嫌なので我慢しました。

その代りとしてお風呂かに出たあとスキンケアで使っている保湿クリームを塗っておいたのです。

翌朝、お尻を確認するとニキビまだありましたが、少し小さくなっていることが判りました。

その日は保湿クリームをまたお尻にきびに塗って出社しました。

こんなことを繰り返してみたところお尻にきびは消えてくれました。

お尻にきびができたのは乾燥が良くなかったのかなと思っています。

投稿日:

お尻にきびとビタミンEの摂取

大人になってもにきびが出来てしまうのは、皮膚の細胞を作り変える時に角質が中々除去されない状況が続いてしまうことが関係しているかもしれないのです。

正常な状態であれば、ターンオーバーがあるため古い細胞が順次抜け落ちて、新しい細胞に作り変えられる状況にあるのですが、古い角質がそのまま残った状態で長期間維持されると、雑菌が繁殖してにきびとなってしまう可能性があります。

このようなにきびは、除菌効果の高い石けんを使って洗浄したり、にきび専用のクリームを使ったりしても中々改善出来ないことが多いのです。

このようなにきびを改善するには代謝を高めていくことが必要となってくるのです。

例えばお尻にきびが出来てしまい、中々改善出来ないときにはお尻周辺のケアを考えるのではなく、食事面の改善を考慮します。

ビタミンEをうまく補給できるナッツ類を摂取する事により血行促進効果を高める方法、または玉ねぎなどを補給しても血流の流れを高めることができる為、老廃物を除去して体の新陳代謝を高めるための対策を考慮していきます。

そして何より大事なのが就寝時間の確保です。

寝ている間に細胞は新しく繰り返されるので、この時間をしっかりとキープして綺麗な肌に作り変えてもらいます。

お尻にきびの対策とは

変にお尻が痒いと思ったら、手で触ってみるとにきびが出来ていることがあります。

お尻にきびが出来てしまうのは、お尻の部分が清潔に維持されていないことが問題である事があります。

夏場にジーンズを着ていたりする場合、お尻周辺をじかに触る事はできません。

そのような状況の時に汗でお尻周辺が蒸れているのをあまり気がつかない事があります。

衣類を着替えるときに、ジーンズを脱いで始めてお尻周辺が汗をかいていることが分かることがありますが、この状況が何度も続いていると、お尻の周辺が汗で汚れている状態が継続している事が考えられるのです。

そんな事から、お尻にきびを改善するためには蒸れないようなズボンを着ることが良い選択となります。

ただ、着るものに関しては外出するときにある程度決まってしまうので、自分でえらぶ事ができない状況があります。

そのような時は、お尻にきびの対策としては早めに帰宅してシャワーで洗浄するという対策になります。

もしくは外出してるときにお尻周辺が蒸れていると感じた時には、パンツを綺麗な物に履き替えるという対策もあります。

このように、お尻にきびの対策としては毎日お尻が蒸れていないが気にして清潔に維持する習慣が必要となってくるのです。

投稿日:

気になるお尻にきびの原因は?

ある日突然、お尻にきびができてびっくりしたことがありませんか?場所が場所なだけに病院にも行きづらいし、友達にも相談できずにネットで原因や治し方を調べることになったという人も多いのではないでしょうか?お尻にきびができる原因にはどんなことがあるのでしょうか?夏の暑さも原因の一つです。

最近の7月、8月は特に暑く猛暑と呼ばれる日が続きます。

暑さでお尻に汗がたまって蒸れてしまうことによってにきびができたりも考えられます。

にきびができる原因で考えられるのは生活習慣が乱れていることも考えられます。

にきびとは顔にできるものと思っている人も多いかもしれません。

例えばチョコレートの食べすぎでにきびが増えたなどあります。

最後に暑さと関係してきますが、長時間、椅子に座っていることによってお尻が恒常的に蒸れやすい人もにきびができやすそうです。

デスクワークの仕事をする人、タクシーの運転手をしている人などもお尻が蒸れやすそうです。

まとめるとお尻の通気が悪いことで蒸れてその結果としてお尻にきびができるようです。

なるべく一年中、お尻の周辺の空気を爽やかに保つことが大切です。

そして規則正しい生活をして食事に気を配って肌の調子を整えましょう。

お尻を清潔な状態に保ってお尻にきびを撃退しよう

近頃お尻がズキズキと痛む…といった症状に悩まされてはいませんか?もしかすると、その原因はお尻にきびなのかもしれません。

お尻にきびは、顔などの見えやすい箇所にできたにきびと比べ、なかなかケアが難しいところが特徴です。

もしもお尻にきびができてしまった場合は、決して無理に潰そうとしたりしないようにしてください。

潰した部分からの出血や、痛みの増幅などの原因になりますので、十分注意するよう心がけましょう。

痛みが強い場合や、どうしても気になって落ち着かない場合などは、速やかに皮膚科で受診されることをおすすめします。

お尻にきびができてしまったときにご自身でできるケアは、まずお尻を清潔な状態に保つという部分です。

特にトイレの便座に付着した雑菌などは、お尻にきびを悪化させてしまう原因になりやすいので注意してください。

時間があるときはこまめにシャワーでお尻を洗うなど、しっかりとケアを行うようにしましょう。

その際、お尻をあまり強くこすりすぎたりしないよう心がけてください。

強すぎる刺激は、お尻にきびにとっては大敵です。

お尻を清潔な状態に保つことができれば、にきびの治りも早くなりやすいといえます。

ケアには手間がかかりますが、大切なお尻を守るため、ぜひとも欠かさず実践していきましょう。

投稿日:

お尻にきび改善のために美容エステがおすすめ

お尻にきびというのは、自分の目で確認しにくいですし、美容クリームなどを塗る時でも目で見えにくいですので、綺麗に塗る事ができない事もあります。

ですので、うまく治療できないし、手間がかかると思っている人もいます。

そこで、美容エステがお勧めになってきます。

美容エステであれば、専門の人が綺麗に効果があるにきび薬を塗ってくれたりしますので、自分で改善していくよりも断然、効果の方が高くなっています。

その結果、改善しやすくなってきます。

特にお尻にきびが悪化してしまった人は、美容エステにいって、なるべく効果が高い方法で改善していくようにします。

女性だけでなくて、もちろん男性も美容エステがお勧めになってきます。

どうしても女性が多い美容エステに通いにくいのであれば、メンズ専門の美容エステを探して通うようにします。

最近は、メンズエステも多くなっていますので、男性の方でもお尻にきび改善のために、エステに通いやすくなっています。

今では、美容エステの数も多くなっていますので、お尻にきびなどの自分では、治療しにくいものに関しては、うまく美容エステを活用して、手間と時間をかけずに改善していくのが手っ取り早くなっています。
関連:男性が好きな女性のお尻のタイプとは|形と大きさ

お尻ニキビに効く薬とは

お尻にきびは顔のにきび用の薬で治らないことがあります。

お尻にきびが治らないのは、顔の皮膚と違ってお尻の皮膚が厚いからです。

厚く固い皮膚に顔用の薬の成分が浸透しないのです。

皮膚科ではお尻にきびを治すために抗菌剤が処方されます。

ダラシン、アクアチム、ゲンタシンなど殺菌作用が強い抗生物質の塗り薬を処方します。

殺菌することでニキビの炎症を抑えます。

アレルギー体質の方は医師に相談してください。

比較的軽いお尻にきびならビタミン剤で治ることがあります。

にきびの原因は皮脂によって毛穴がつまることです。

ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンCには皮脂分泌を抑制する働きがあります。

ビタミンAはターンオーバーを整えて健康な皮膚を作ります。

ビタミン剤の摂取だけでなく、皮脂分泌を促す糖質や脂質の過剰摂取を控えたり、食事から栄養を摂ることも重要です。

ピーリング作用があるサリチル酸を配合した薬の使用も効果的です。

厚くたまった角質をサリチル酸で柔らかくして除去します。

ニキビ用の化粧品にはサリチル酸が配合されていることがあります。

サリチル酸は肌の刺激になるので、頻繁に使用するのは避けましょう。

特に肌が弱い方は使用に注意が必要です。

尿素にも角質を柔らかくする働きがあります。

投稿日:

彼氏に指摘されたお尻にきび

彼氏にだけは知られたくありませんでした。

でもその彼氏に私の見られたくない、お尻にきびを指摘されたのです。

「お尻にできているのは、ニキビかな」そう言われてしまったのです。

できている事は知りませんでした。

まさかお尻ににきびなんて、考えた事はなかったのです。

でも私のお尻にはにきびがあったのです。

彼氏の言う通りだったのです。

しかも一番見られたくない彼氏に、そのお尻にきびを見られてしまったのです。

だから念入りに薬を塗りました。

すぐにでも治ってほしくて、いつも以上に念入りに薬を塗ったのです。

でも簡単には治らないみたいです。

結構日にちがかかったのです。

仕方がないですがお尻にきびはいつも治りがあまり良くないので、頑張って薬を塗っています。

お尻ににきびがあると、パンツを履けません。

こすれて痛みがひどくなるのです。

だから少しでも早く治したいのです。

それなのに治りが悪くて嫌になってしまいます。

でももう彼氏に見られてしまったので開き直っています。

もう少々治りが遅くなってもいいです。

気長に治していこうと思います。

きれいに治ってくれないと嫌だからです。

そしてきれいに治ったお尻を、また彼氏に見せたいと思っているのです。

お風呂用具を掃除してお尻にきびを予防

お尻にきびの意外な原因として、お風呂で使っている用具があります。

シャンプーしたり体を洗う時にお風呂用のいすを使う人は、そのいすをこまめに掃除する必要があるのです。

お風呂で使用している用具は、お風呂場に置いておくことになりますが、浴槽やシャワーのお湯により湯気が発生し雑菌が繁殖しやすい状態になっています。

また、いすに直接腰かけていると、菌やカビが発生しお尻の皮膚に刺激を与えることにつながってくるのです。

お風呂に入るときに、用具にあまり気を使っていないという方は、こまめに洗うようにしましょう。

お風呂用の洗剤の中には、殺菌効果の高いものも存在しています。

特に用具に洗剤を振り掛けてしばらく放置しておくことにより、菌を除去することができ、安心して利用していくことができるのです。

いつも使ういすなどを掃除しておけば、そこに菌やカビが繁殖してしまう心配がなくなってくるため、安心して使用していくことができるでしょう。

また、洗剤を使った後にしっかりとお湯で洗い流しておくことで、次に使う時にお尻の皮膚に刺激を与えずに済むようになってきます。

お尻にきびは、お風呂で使う用具を清潔に保つことで防止していくことができるでしょう。

お尻にきびができたらどうするか

思春期時代にはお尻にきびができて困ったことなどありませんでした。

もちろん、大人になってからもです。

しかし、35歳を超えたころから大人にきびができるようになりました。

そして、そのにきびができる部位もなんとお尻にもあたるようになったのです。

もちろん、思春期の顔にできたようなにきびとは違って、赤くなってふくれるだけふくれて、いたいという感覚のほうが強いのが困ったものです。

もちろん、脂肪を出すようにつぶすことも難しいことがあります。

かといってほおっておくと座った際にそのにきびが地面に当たると痛いという問題もあります。

また、ゴルフや旅行の際にはだかになるとおしりが赤くなってるところがあるというのもなんとも恥ずかしいものです。

また、無理やりつぶそうとするとあざになり、逆効果。

結局は自然におさまるところを待つのですが少しでも早く治すにはどうしたらいいかという考え方になりました。

そこで考えたのがオロナインH軟膏を塗ることです。

もちろん、昼間に塗っていると衣服の下からでもにおう可能性があるのでお風呂上りに塗って、朝にはにおいが収まっているというのが理想です。

このお尻にきびはとにかく無理せず、おさまることを少しでも早くするという目標のほうがいいと思います。

投稿日: